↑マイナスイオン噴出中(笑) 


by co729sof
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

卒業

月日がたつのははやいもので、3月25日に、4年間通い続けた大学を無事卒業することができました。
e0072215_19211857.jpg

本当に本当に楽しかった4年間。

思い出はありすぎて語りつくせない。

入学当初は滑り止めの大学だったため、自分に劣等感を抱きながら大学へ通っていました。
この大学へ通う自分が恥ずかしいとさえ思っていました。
編入を考えていた時期もありました。

でも、時間がたち、いろんな人たちと出会い、いろんな経験をしていく中で、
そんな考えはどこかへいっていました。

だって、今の大学へ通っていなかったら、
ざこやでバイトもできていなかったし、
ざこやでバイトできていなかったら、
出会えなかった人もたくさんいる。

今の大学へ通っていなかったら、
あんな仲のいい友達なんてできなかった。
一生付き合って行きたいって思えるあの仲間たちにめぐり合えなかった。
社会学がこんなにも楽しいんだって思っていなかった。
卒論が楽しくて仕方ないなんて思わなかった。

卒業したくないなんて思わなかった。
仲間と離れたくないなんて思わなかった。
この大学に行けてよかったと心から思った。

夜には学科のみんなで飲んで、笑って、騒いで・・・
こんなことができるのも最後なのだと寂しくもなり、

大学1年からずっと仲の良かった子が帰るというので、駅まで送っていこうと2人で外へ歩き出す。
私が、「○○とは、これからも絶対に会うから、バイバイとか言わないから!泣かないから!」と言って、友達を見ると、友達は大号泣。
それを見た私は、我慢していたものが一気に切れ、涙が滝のようにあふれてきました。
そんなお互いを見て、笑って、でも泣いて・・・
三茶の路地裏に逃げ込んで、2人して大泣きしました。
「本当にありがとう」とその言葉しか出てきませんでした。

26日に、就職のため、実家へと戻ってきました。
実家へ戻ると一気に卒業したのだという実感がわいて、
寂しくて寂しくて、
写真部の後輩と仲間からもらった寄せ書きと、DVDをもらって、夜1人で見ていたら大号泣。
4年間の写真が音楽とともにスライドショーで流れ、後輩たちからのメッセージが流れたらそれはもう耐えられないですよ。

自分で言うのもなんだけど、大学生活はすごく充実してました。

大好きな社会学をがんばりました。
卒論がんばりました。
そのおかげで、学科の最優秀賞をいただき、学科授与式において表彰させていただきました。

旅行たくさん行きました。
北海道から沖縄、神津島、徳之島、箱根に九州etc...
海外は済州島にグアム、サイパン、イタリア、スペイン、台湾・・・
広い世界を見れました。もっともっと広い世界を見てみたいと思いました。

いっぱいいっぱい笑いました。
いっぱいいっぱいふざけあいました。

お酒での失敗もありました。

恋愛もしました。
初めて、心からほんと人を好きになりました。
いろんなところに出かけ、
いろんな美味しいものを食べ、
自分の知らない世界をその人は見せてくれました。

いつの間には私は、よく笑って、よく食べて、よくふざけて、でもまじめでしっかり者・・・
なんて良いことばっかり言われてたけど、そんな自分だったのは、
周りのみんながいたから。
周りのみんなが大好きだから。
周りのみんながいたから心から笑えてたし、
勉強をがんばれた。

本当に本当に、
東京で過ごした4年間は、
私にとって、
かけがえのない時間でした。

自慢できる4年間でした。

社会人になりたくないなんてごねてます。
でもそんな自分にバイト先で知り合った常連さん、人生の先輩はこんなことを言ってくれました。

「社会を楽しめ」
「新しい環境を楽しめ」
「働いて初めて、大人と対等になるんだぞ」
「東京で学ぶのも離れるのもそれぞれ価値あること」

社会人になるのは不安が多いけど、
でも、新しい経験をつむことで、また一歩、成長していくのだということを信じて
がんばっていきたいと思います。

そして大学の友だちや、向こうで知り合った人たちと再び、l
いつになるかわからないけれど、
出会えるとき、
もっともっと素敵なひとになっていられるようにしたいです。

大学4年間ありがとう。そして、さようなら。
[PR]
by co729sof | 2011-03-28 19:21 | etc